YOU、北米版BD買っちゃいなよ 1

USA-BD1-00 アニオタ紳士諸君は、アニメ作品が気に入った時、悩んだことがあるだろう。「初回限定版を買おうか? 通常版か? BOXを待つか? それとも中古か・・・」懐具合が厳しくて、結局レンタルや録画で我慢した人もいるだろう。
だが、待って欲しい。もう一つ選択肢がある。それは、
「北米版BDを買う」 ということだ。

USA-BD1

北米版BDのメリット


●値段が安い


アニメBDは1クール分揃えるのに、2~3万円するのは珍しくないですね。
これが、北米版BDだと、1クール分で40~60ドル(4000~6000円)くらい。
さらに、値引きで20~50ドル(2000~5000円)くらいで買えます。


●日本のBDプレイヤー・PC・PS3で再生出来る

DVDは、アメリカと日本でリージョンが違ったので、再生出来ませんでした。
BDは、アメリカと日本が同じリージョンなので、そのまま再生出来ます。

●日本語音声が入っており、英語字幕を消せば、日本版と変わらない


北米のアニオタは、「英語吹き替えはクソ。日本語音声と字幕で見たい」
と考えている人が多いようです。
販売元も、英語吹き替えはコストがかかるため、字幕だけで済ませたいと
考えているところが増えているようです。


●日本より先に発売される場合がある


ほとんどの場合、日本版より後にリリースされるのですが、
ごく稀に、北米版が先にリリースされることがあります。
いろいろと大人の事情があるのでしょう。


●コンパクトで場所を取らない
●ディスク入れ替えの手間が少ない


1クールをディスク1~2枚に入れているので、幅を取りません。
ディスク入れ替えの手間も少なくなります。


北米版BDのデメリット


●画質・音質が日本版より低い

北米版では、ディスク1~2枚に1クール13話を入れるので、
当然日本版と比べて、画質・音質が劣るのは当たり前。
しかし、最近のBDプレイヤー・レコーダーやTVの画質補正機能
などのおかげで、ほぼ遜色なく見ることが出来ます。

●特典が少ない、または全く無い

特典については、期待するだけ無駄。特典目当ての人は、日本版を買いましょう。

●エンドクレジットのスタッフ表記が日本版と異なる

スタッフ表記が全部英語に変わってたりします。まあ、これはしょうがないか。

●ケースにキズやヨレが付いている場合がある


日本だと、ケースにキズが付いていたら、交換してもらったりしますね。
アメリカだと、ケースにキズ程度では問題になりません。

昔、初代XBOXで、ゲームディスクにキズが付くと問題になったことがありますね。
日本では「俺のゲームにキズが付いた!どうしてくれる!」なのに、
アメリカでは「キズ付いた程度でどうした?」という感覚の違いがあります。

BDに紙製ジャケットが付くものがありますが、日本だと「初回特典紙ジャケットケース」なのに、
アメリカでは「保護用カバー」でしかありません。
まあ、作り自体が異なる事もありますが、キズが付いても、
「保護カバーなんだからキズが付くのは当たり前」なわけです。

写真を見ていただければ分かるように、実際には、交換したくなるほどひどいものはありません。
神経質な人以外は、許容範囲内のものでしょう。

●見終わったBDを中古屋に売れない

中古屋に北米版BDを持って行っても買い取ってもらえません。
客の立場になって考えてみれば簡単です。
再生できるかわからない外国のBDを買うお客さんはいませんよね。


次は、amazon.comの登録の仕方を説明します。


YOU、北米版BD買っちゃいなよ 2




- Sponsored Links -

関連記事